ホームシアターを作る|水回りのことはKOHLERに任せよう|世界が認める会社

水回りのことはKOHLERに任せよう|世界が認める会社

作業員

ホームシアターを作る

フィルム

自宅がミニ映画館に

現在ではDVDやブルーレイなどの映像ソフトが充実しており、誰でも自宅で手軽に映画をはじめとした映像作品を鑑賞できるようになりました。そうした映像ソフトの多くは5.1chや7.1chといったサラウンド音響システムにも対応しており、再生できる機器を揃えれば映画館に近い迫力を味わうことが可能です。自宅を改造してシアタールームを作りミニ映画館にするためには、大型液晶テレビなどの大型画面が欠かせません。50インチクラスの大型テレビも低価格化していますが、プロジェクターとスクリーンを使えば100インチの大画面も実現できます。これに複数のスピーカーとサブウーファーを組み合わせた5.1chまたは7.1chの音響システムを設置することで、本格的なシアタールームを作ることができるのです。こうした映像システムや音響システムを揃えるだけでは、シアタールームとしてはまだ完全ではありません。大きな音量でも気兼ねなく再生できるようにするためには、音が部屋の外に漏れないようにする防音対策も必要です。ソファや椅子・照明などシアタールームに相応しい家具と内装を整えることで、くつろぎのひとときを過ごせる空間が完成します。

万全の防音工事

このようなシアタールームを自宅に作る際には、特に防音や音響工学に関する知識を持ったリフォーム業者を利用した方が有利です。シアタールーム作りを数多く手がけてきた業者は顧客満足度も高く、防音や音響効果に対しても綿密な計算に基いて設計してくれるからです。一般に防音工事を行う際には、防音の目的に応じて遮音効果を持つ石膏ボードや吸音材・防振材といった素材を壁や床・天井に設置します。音漏れの原因となる隙間をコーティング材で充填して埋める工程も、しっかりとした防音対策のためには欠かせません。楽器演奏を行う際によく利用されている防音工事の技術が、シアタールーム作りにも生かされるのです。室内のインテリアという面でも重要になってくるのが、ケーブル類を見えないように工夫する配線工事や照明工事です。映像機器や照明器具を集中制御できるように配線することによって、映像鑑賞に集中することができます。最近では中高年の間でも懐かしい映画やドラマなどの映像ソフトが人気を集めており、シアタールームの需要が高まっています。4Kやハイレゾ対応機器が普及すれば、シアタールームの高画質化・高音質化がさらに進むのは間違いありません。